あなたの頭痛はどこから?

投稿日: カテゴリー: 頭痛

痛い場所と特徴でわかる頭痛の種類の見分け方

頭痛の種類の見分け方

3人に1人が慢性的に頭痛に悩まされているというほど、日本人は比較的頭痛になりやすい体質だと言われています。命に関わるほどの重い症状ではないにせよ、慢性的な頭痛に悩まされているという人は少なくありません。当院にお越しになる患者様にも頭痛を訴えられてくる方はとても多いです。

いわゆる慢性頭痛と言われる頭痛には大きく分けて3種類があります。最も多いのは緊張型頭痛と呼ばれるもの。次いで偏頭痛。数は少ないですが群発頭痛と呼ばれるものが代表的な慢性頭痛になります。

 

・緊張型頭痛

日本人(15歳以上)の実に20%が抱えていると言われる、最も代表的な頭痛が緊張性頭痛です。症状は頭が重い、圧迫される、締め付けられるような痛みを伴います。比較的症状は軽いと言われていますが、頻発しやすく、1日中痛みが取れないまま続いてしまうなど、困った症状を呈しやすい頭痛でもあります。

緊張型頭痛の場合はパソコン作業が多いデスクワークの方が抱えやすく、原因としては姿勢の影響が大きいようです。当院にお越しになる患者様で緊張性頭痛を抱えている方の多くは前かがみの姿勢が固定化された状態にあり、骨盤の歪みが強く出ているケースが見受けられます。デスクワークの場合はパソコンの画面を覗き込むような姿勢を長時間続けることになるので、そこで姿勢が固定されてしまいます。そこから頭が常に前に倒れこむ状態になり、首の筋肉が引っ張られて緊張状態になってしまうことで、頭と首の境目のあたりでコブができてしまい、頭痛を引き起こしてしまうのです。

緊張性頭痛の場合、首のコリを訴えられる患者様の割合はかなり多いと言えます。首や肩のコリとセットになりやすい頭痛とも言えますね。また人によっては寝ている間の歯の食いしばりから緊張性頭痛につながっていることもあります。

 

 

・偏頭痛

偏頭痛の割合は8%前後と、緊張性頭痛と比較するとやや少ないようにも思えますが、こちらは30歳以上の女性の20%が抱えていると言われ、男女差が顕著に出る頭痛でもあります。症状も頭を振るなどすると心臓の拍動に合わせるようにズキン、ズキンという形で起こり、痛みが出る場所も左右のどちらかに限って出やすいので″偏″または″片″頭痛と呼ばれます。

緊張性頭痛が筋肉のコリから来ているのに対して、偏頭痛の場合は拍動性の痛みが出るので血流の影響が大きいことが考えられます。痛みの原因として考えられるのは血管の異常拡張とも言われますが、特に動脈に巻きつくようにして張り巡らされている神経が血管の拡張によって刺激されることで頭痛として現れているのだと考えられます。偏頭痛は症状が出る前の前駆症状が顕著に現れやすいという特徴もあり、吐き気や空腹感、生あくびが出るなどのして前もって頭痛が出るのがわかる人がいます。光や音に敏感になったり、目の前でキラキラと光の筋のようなものが見える、ボヤけた輪っかのようなものが見えるといった『閃輝暗点』という症状が出る方もいます。

 

 

・群発頭痛

慢性頭痛の中でも特に痛みが強いタイプの頭痛です。時に自殺頭痛という穏やかでない呼び名で呼ばれるほど痛みが強く、かつ1日に3、4回も現れ、しかも毎日、数ヶ月も頻発するという特徴があります。目の奥が抉られる、目から涙が出る、充血するなど、頭痛以外の症状も顕著に出ます。偏頭痛が女性に多い頭痛だとすると、群発頭痛は男性が70%であるなど、男性に多い頭痛と言えます。

決して数の多い頭痛ではありませんが、群発頭痛も血流に深く関係するタイプの頭痛で、血管の異常拡張が一つの要因と考えられています。夜中や明け方などで発作が起こるという特徴もあり、事前に血管収縮薬を飲んで予防するなどの処置が取られますが、痛みが起きてからでは薬が効かないことが多いようです。酸素吸入などで痛みが抑えられることから、深呼吸が有効な場合もあります。

 

 

慢性頭痛とは違う、命に関わる頭痛を見分けるには!?

命に関わる頭痛の見分け方

緊張性頭痛、偏頭痛、群発頭痛は症状の強弱はあれども基本的に命に関わるほどの症状ではありません。慢性頭痛の多くは痛む場所やタイミングが決まっていて、頭痛と一緒に出る症状もひどいものではないことが多いです。

一方で命に関わる重大な病から引き起こされる頭痛というものがあり、これの場合は非常に危険な状態である可能性があります。慢性頭痛とは異なり、これまでに経験したことのない痛みや手足の麻痺、言葉が話せない、発熱などが伴う特徴があり、そうした症状と共に頭痛が起きた場合には速やかに病院に、あるいは救急車を呼んで病院まで運んでもらう必要があります。

注意が必要な頭痛は以下の通りになります。

 

・くも膜下出血

脳内の動脈にコブ状の袋ができて、それが破れることで脳内に血が溜まってしまう病気になります。出血した瞬間に頭をバットで殴られるような痛みが襲ってくるのが特徴で、吐き気や意識低下を伴います。

 

・脳出血

くも膜下出血に似ていますが、こちらは脳の外側でも起こる出血になります。外ではありますが頭の中であることには変わりなく、流れ出た血液が脳を圧迫して短時間で強烈な痛みを発します。手足の麻痺、言葉がもつれる、めまいや吐き気といった症状が先行する場合もあります。

 

・脳腫瘍

脳にできた腫瘍によって脳が圧迫されることで頭痛が起こります。こちらも脳の機能に影響を及ぼし、腫瘍の場所によっては視力低下や手足の麻痺が起こります。

 

・髄膜炎 脳炎

ウィルスや細菌などが髄膜や脳組織に入り込むことで炎症を起こすことで頭痛になります。インフルエンザウィルスなどの感染力の強いものが入り込むことで、強い頭痛だけでなく意識障害なども伴います。高熱に伴う頭痛という特徴があり、単なる風邪と思い込んで発見が遅れることがあるので注意が必要なタイプの頭痛とも言えます。

 

・慢性硬膜下血腫

こちらも脳出血の類と思われがちですが、頭を打つなどして脳内の出血が起こり、それが徐々に頭の中で広がっていくことで起こる頭痛です。頭を打った当初はほとんど症状が出ずに、しばらくしてから頭痛や物忘れ、尿失禁などの症状が出てくるという特徴があり、お年寄りの場合には痴呆症などと間違われることがあります。

 

 

まとめ

これらの注意が必要な頭痛は他にはない強烈な痛みの他に、神経の麻痺や言語障害などが加わるのが特徴で、慢性頭痛とは異なるものですが、ご自身で判断するのが難しい場合には一度病院で見てもらうことが大切です。

病院の検査で異常が見つけられなかった場合には慢性頭痛として、首や背骨、骨盤の歪み、筋肉の緊張などを取り除くことで頭痛を軽減させ、最終的には頭痛を起こさない状態にまで体を変えていくことで克服することができるようになります。

 

 

ご来院までの流れ

当院は完全予約制です。当日予約も受け付けております。

※治療家、整体師などの同業者のご予約はご遠慮ください。中途半端に来ていただくとその分、手助けできるはずの方のご予約が取れません。同業者で体験や勉強をご希望の方は、別途ご連絡をいただければ対応いたします。

患者様との出会いを大切にさせていただくよう心がけている為、

初診患者さまは
1日3名様限定

とさせていただいております。

当院は完全予約制です。直接ご来院いただいても、ご予約の方がいらっしゃいますので、すぐには対応することができず貴重なお時間を無駄にしてしまいます。ですのでご予約をお願い致します。ご了承くださいませ。


予約方法

※当日キャンセルはご遠慮ください。予約が満席で、キャンセル待ちの方も多くいらっしゃいます。

朝霞のちいさな整体院ネット予約はこちら朝霞のちいさな整体院電話予約はこちら



画像の説明

お電話にてご予約を承っております。

TEL

担当者が

「はい、朝霞のちいさな整骨院です。」

と電話に出ますので

「予約を取りたいのですが」とおっしゃって下さい。

○お名前
○ご希望の日時
○携帯番号
○お悩みの症状など

をお申し付けください


[[>お問い合わせ]]

画像の説明

朝霞のちいさな整骨院

朝霞駅南口から徒歩3分
りそな銀行隣にコインパーキングがあります。
ご利用の方は料金の一部(200~300円)をキャッシュバックさせていただきます。

埼玉県朝霞市本町2‐1‐7 パークハイム朝霞1F
TEL:048-423-9052
FAX:048-423-9053

電話受付時間 日祝
9:00~20:00 ×

定休:水曜



より大きな地図で 朝霞のちいさな整骨院 を表示



a:98759 t:65 y:117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です