腰痛の原因の85%を占めるものとは

投稿日: カテゴリー: 腰痛

  腰痛の85%が原因不明⁉︎ 原因のわかる腰痛と原因不明の腰痛の違いとは?

腰痛の85%が原因不明のワケ

多くの人が日々悩まされている腰痛は人類が二足歩行を始めた時から宿命となったと言われるほど、ほぼすべての人が抱えても不思議ではないものだと言われています。ところが医学的には腰痛の85%が原因不明のものと扱われているのが現状だと言われています。

 

 

なぜ腰痛のほとんどが原因不明と言われるのか?

なぜ腰痛のほとんどが原因不明なのか

それは医師が行う検査と、その検査結果を元に判断しているためと考えられます。腰痛の検査で医師が行うのはレントゲンやCT、MRIなどの放射線を利用して体の中を見える形にする画像診断が多いです。この画像診断によって痛みの原因となっている『何か』を見つけようとするわけですが、画像に現れれば原因のわかる腰痛、現れなければ原因不明の腰痛と振り分けられるのです。

画像診断から原因のわかる腰痛として代表的なのは椎間板ヘルニアです。背骨のパーツの間にある関節組織である椎間板が何らかの理由で外に飛び出し、背骨の中を通っている神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアと呼ばれるものですが、これはレントゲンなどできちんと写ります。レントゲンだけでなくCTやMRIなど、より深く鮮明に写し出す機械ではかなりハッキリと画像に出てくるのでどこでどのように圧迫しているのか見て取ることができます。

また椎間板ヘルニアだけでなく脊柱間狭窄症なども画像診断で原因となっている神経の圧迫部分が写し出される腰痛です。脊柱管狭窄症の場合、背骨が曲がった状態になっているところまで写ることもあるので、これも原因がハッキリと見て取れます。その他、背骨の一部が破損して離れた状態になる脊柱分離症、背骨がズレた状態になる脊椎すべり症なども画像診断で原因がわかる腰痛となります。

 

 

原因不明の腰痛とはどんなものでしょうか?

原因不明腰痛とは

簡単に言えば画像診断で何も写らない腰痛が原因不明の腰痛として扱われているのです。つまり上記に挙げた原因のわかる腰痛以外の腰痛はすべて原因不明の扱いということになります。これは医学的なエビデンス(証拠)がない限りは診断が付けられないという医学の常識によるもので、画像に出てこない限り腰痛の原因はわからないと言わざるを得ないのです。原因不明と言われると身も蓋もない感じがしてしまいますが、レントゲンなどの画像に写す検査を行って何も出てこないということで、より正確に言葉にすると『画像診断では原因の特定ができなかった腰痛』ということになります。

 

 

こんなに痛いのに原因不明!? 画像診断の盲点と落とし穴とは?

画像診断の盲点と落とし穴とは

画像診断では原因不明であっても、患者の思いからすれば痛いものは痛いのです。今現在感じている腰痛が幻のようなものであるはずもなく、感じている痛みには必ず痛みを出している部分とその原因があるものです。  実は画像診断には盲点があり、その点を見落としてしまっていることで原因不明の扱いになるという落とし穴が存在します。

画像診断の落とし穴とは何か? 盲点となっている部分に着目してみましょう。レントゲンやCT、MRIなどの検査は体の中を見通すことのできる検査ですが、実はその見通す過程で見過ごされてしまっている部分があります。それは筋肉、内臓、神経です。

体の中を見るために皮膚と筋肉は体を覆う膜のような扱いとなり、透明化して内臓や骨の状態を画像にする検査なのですから、画像診断で筋肉の状態まで見ることはほとんどありません。レントゲンなどの画像を見て、医師は骨に異常があるかどうかを見ているわけですが、筋肉が痛みを出している元だとしたら、骨を見ても腰痛の原因には辿り着けません。

また内臓も見過ごされやすい部分だと言えます。内臓そのものは画像診断で写し出すことができる部位ではありますが、そこでわかるのは内臓の形などであって、例えば腫瘍などの病変などがあればそれを見つけ出すことはできます。しかし内臓の活動、動きの良し悪しなどは画像だけでは判断ができません。人間の体にとって内臓は重要器官ですから、ちょっとした不具合でも意外と敏感に反応します。お腹が痛くて背中を丸めてしまう経験は誰しもあると思いますが、内臓の異常に対して反射的に防御の体勢を取るなどして腰の筋肉などに負担をかける場合があります。

神経も脊椎など太い部分は写りますが、細かい部分までは写りづらく、また神経の伝達経路までは見て取ることができないところになります。先の内臓の異常に対して体が反応するのと同じく、内臓の問題が神経を伝って腰に痛みを感じさせている場合もあり、この点も画像診断では見つけられない部分ということになります。代表的なところでは女性の生理で起こる腰痛が挙げられます。内臓である子宮の動きに神経が刺激され腰の痛みとして現れるのは女性の方であれば経験された方も多いことでしょう。

この他、慢性的な腰痛にストレスが関わっていることも最近の研究で明らかになっています。ストレスが非常に多く、またその期間が長い場合には神経が過敏になり、わずかな刺激に対しても痛みを感じやすくなることがあり、それが腰痛に発展している場合があります。

 

 

腰痛の原因は千差万別! 幅広い視点で原因を探るのが吉

このように腰痛の原因にも種類がたくさんあり、また腰痛になる過程も人それぞれであるため、一概に画像だけでは判断ができないことも少なくないのです。当院にお越しになる患者さまにはヘルニアや脊柱管狭窄症で悩まれている方もいれば、やはり原因不明、骨に異常はないとだけ言われて困ってかかられる患者さままで様々におられます。逆に単なる腰痛だと思って当院にお越しになり、治療の過程で医師の診断を仰いで見たらヘルニアが見つかったケースもあり、画像診断が必要になることもあります。ご自分の抱えている腰痛に対してどのようにすればいいのかわからないという場合もあるので、一人で悩まずにまずは相談してください。

 

 

ご来院までの流れ

当院は完全予約制です。当日予約も受け付けております。

※治療家、整体師などの同業者のご予約はご遠慮ください。中途半端に来ていただくとその分、手助けできるはずの方のご予約が取れません。同業者で体験や勉強をご希望の方は、別途ご連絡をいただければ対応いたします。

患者様との出会いを大切にさせていただくよう心がけている為、

初診患者さまは
1日3名様限定

とさせていただいております。

当院は完全予約制です。直接ご来院いただいても、ご予約の方がいらっしゃいますので、すぐには対応することができず貴重なお時間を無駄にしてしまいます。ですのでご予約をお願い致します。ご了承くださいませ。


予約方法

※当日キャンセルはご遠慮ください。予約が満席で、キャンセル待ちの方も多くいらっしゃいます。

朝霞のちいさな整体院ネット予約はこちら朝霞のちいさな整体院電話予約はこちら



画像の説明

お電話にてご予約を承っております。

TEL

担当者が

「はい、朝霞のちいさな整骨院です。」

と電話に出ますので

「予約を取りたいのですが」とおっしゃって下さい。

○お名前
○ご希望の日時
○携帯番号
○お悩みの症状など

をお申し付けください


[[>お問い合わせ]]

画像の説明

朝霞のちいさな整骨院

朝霞駅南口から徒歩3分
りそな銀行隣にコインパーキングがあります。
ご利用の方は料金の一部(200~300円)をキャッシュバックさせていただきます。

埼玉県朝霞市本町2‐1‐7 パークハイム朝霞1F
TEL:048-423-9052
FAX:048-423-9053

電話受付時間 日祝
9:00~20:00 ×

定休:水曜



より大きな地図で 朝霞のちいさな整骨院 を表示



a:98759 t:65 y:117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です