スタッフ紹介

東 悠太

東 悠太

資格
厚生労働省認定 国家資格 鍼灸師
出身地
埼玉県大宮
ハマっていること
ドラゴンクエストX、PCいじり

この仕事を始められる前までの生い立ちを教えて下さい

高校生までは特にこれといった目標はなく、漠然と大学進学を考えていましたが、高校2年生の冬休みに体調を崩して休学。

難病のクローン病を発症し、完治の可能性がないと言われました。

その時になり、漠然と考えていた大学進学でその後の人生をやっていけるのかどうかを初めて真剣に考えるようになり、1年の休学中に下した結論は『手に職を持つこと、80歳まで働ける職に就くこと』でした。

そして自身の体を治せる可能性も含めて鍼灸の専門学校の門を叩きました。

なぜ人を施術するという仕事を選んだのですか?

クローン病に対する現代医学の治療法は薬物療法と栄養補助を基本としていますが、あくまで症状を抑えるだけであり根本的な治療法は確立されていません。

その現代医学にはない考え方を持っていて、かつ人の手で触れることによって体を癒していく鍼灸をはじめとした各治療法に魅力と価値を感じました。

実際に病気で消耗した自分の体が回復していくのを感じ、この道に進もうと決めました。

施術をする上で絶対に譲れないもの、これだけは大事にしているというものがあれば教えて下さい

どんなに痛みや苦しい状態にあっても、それがずっと永遠に続くわけではないということです。痛い、苦しいと思えば人は必ず反応し、行動するので、その結果の変化は必ず起こります。

問題はその変化を少しでも良いものにしていくためには自分の力だけでは足りないことがあり、それを鍼灸・整体の専門家として手助けしていくのだという考えを常に持っています。

他の治療院と比較したり、来院を迷われてる方が目の前にいたらどういうメッセージを送りますか。

『痛いのはなぜ?』『痛みが治らないのはなぜ?』という患者様の疑問を一緒に解決していきます。

痛みやシビレなどの症状には必ず原因があり、理由があります。それらを私たちと患者様と両方が分かった上で、解決できる方法を探していきましょう。

三木 一弘

三木 一弘

資格
一般社団法人 疲労回復協会 正会員
出身地
埼玉県 毛呂山町
趣味・ハマっていること
食べること、お酒を飲むこと、子供の幼稚園の様子を見学

この仕事を始められる前までの生い立ちを教えて下さい。

小さい頃は恥ずかしがり屋で人見知りでした。 それが高校に入り接客のアルバイトを始めると人と関わることがどんどん好きに なっていきました。人前に出るのが恥ずかしいと思っていた少年がバイト先の 先輩の影響でエレキギターを始め、バンドを組んで文化祭など大多数の人の前で ステージに立って演奏するようになっていました(笑) そのバイトで得た接客の楽しさや商品発注の面白さ、難しさなどを違う仕事で 活かしたいと思い、自分が小さい頃から眼鏡を掛けていたということもあり メガネ屋さんに就職しました。

なぜ人を施術するという仕事を選んだのですか?そのキッカケや施術していて価値観が変わったことなどがあれば教えて下さい

メガネ屋さんで働いている時にぎっくり腰になり、数日間寝たきりでした。 その後も腰の調子が良くならずその時に姉の紹介でカイロプラクティックに 行ってみたところ腰だけではなく全身の状態が数回で良くなったのにとにかく驚き マッサージや整体の業界に興味があった私は「この技術を覚えて施術する側に なりたい!」と思い、すぐカイロプラクティックの専門学校に入学しました。

施術をする上で絶対に譲れないもの、これだけは大事にしているというものがあれば教えて下さい

丁寧なカウンセリングと分かり易くお体の状態を説明することです。 皆様のお体の状態をしっかりと把握し、それを理解・納得して頂いくことで 施術の効果もさらに高まると考えております。

他の治療院と比較したり、来院を迷われてる方が目の前にいたらどういうメッセージを送りますか。

何も迷うことはありません!親切、丁寧はもちろん施術内容もソフトなので 不安に思う方も安心して受けれます。お体にお悩みがある方はぜひ1度受けてみて 下さい。

菊池 信博

菊池 信博

出身地
北海道函館市
趣味・ハマっていること
旅行、読書、ギター
国家資格
柔道整復師
認定
公益社団法人 全国病院理学療法協会会員
認定
一般社団法人疲労回復協会会員
認定
碓井流活法 腰、肩、膝コース受講

この仕事を始められる前までの生い立ちを教えて下さい。

大学時代は空手をやっていました。体の効率的な使い方や技の研究には人一倍熱心でした。 大学卒業後は公共事業に携わる一般企業に就職していましたが、柔道整復師になるために会社を辞め、専門学校を卒業して免許取得後は、大宮の整形外科で10年間働きました。骨折や捻挫などの外傷の経験を積みながら、理学療法士の方と一緒にリハビリスタッフとして、のべ20000人以上の患者を治療しました。その時身につけた理学療法の技術と知識で沢山の患者様を笑顔にする事が出来たので、転職してよかったと本当に思ってます。ただその中で病名はつかないけど、頭痛やめまい、疲れが取れない、眠れない、などの症状で苦しんでいる人の多さを知りました。 リハビリの治療では病名がない部位は治療できません。『体を全体的に整える事ができれば改善できるのに』と歯痒い思いを沢山しました。 そんな方々の治療をしたいという思いから現在この職場で働いています。

なぜ人を施術するという仕事を選んだのですか?

会社員時代に経理の仕事をしていましたが、机上の数字ばかり扱っていたので、営業や現場だから味わえる醍醐味というものに憧れていました。 就職活動の際、東洋医学の道に行こうか迷っていた時期もありましたので、次の仕事は 現場で患者様と直接接する事ができて感動を分かち合える医療の現場を目指そうと思いました。

施術をする上で絶対に譲れないもの、これだけは大事にしているというものがあれば教えて下さい

痛みというのは他人にはわかりません。私も自分が経験した痛みしかわかりません。だから自分の経験と照らし合わせて、こんなに辛くて苦しんでるんだろうな、と想像する事しかできません。だからこそ患者さんの声には真摯に耳を傾けて、その痛みを出来るだけ想像して共感していきたいと思っています。

千葉

千葉

出身地
東京
趣味・ハマっていること
合気道、食べ歩き、温泉旅行、友人と
国家資格
鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師
認定
一般社団法人疲労回復協会会員

この仕事を始められる前までの生い立ちを教えて下さい。

小さいころは本を読むのが大好きで、完全なインドア派でした。外で友達と遊ぶより家で本を読むほうが好きで、友達の家に遊びに行っても友達の持っている本に興味を示すくらいでした。 しかし小学生の時、親の仕事の都合でアメリカのニューヨークに移り住んだことで転機が訪れます。 なにもかも日本とは違う文化に、読書に引きこもろうも、手に入る本は全部英語です。必然的に、積極的に周囲と関わることが必要となる状況になりました。言葉が分からない中かなり大変だったのですが、クラスメイトや先生たちが一生懸命なじめるように優しく接してくれました。知らない環境に飛び込むことは恐いことでもありますが、新しいことに触れられる、楽しいことでもあると学ぶことができたのは、この環境の大きな変化と、戸惑う私を暖かく迎え入れてくれた周囲のおかげです。 今でも旅行などで知らない文化に触れるのが大好きなのですが、それは幼少期の経験から、「知らない場所に思い切って飛び込むこと」の楽しさを知ったからでしょう。変化を恐れて同じ所に停滞しているのは、あまりにも勿体ない!!

なぜ人を施術するという仕事を選んだのですか?

中学生頃からひどい肩こりと頭痛もちで、ひどい時は一日二回頭痛薬を飲み、横になっているしかない状態でした。「体質だから仕方がない」と諦めていましたが、大学時代、先輩の薦めで初めて鍼灸マッサージの治療を受けてみたところ、長年の悩みだった肩こり・頭痛が劇的に改善され、毎日がずっと楽しく過ごせるようになりました。「自分もこんな風に、同じような悩みを持つ人の助けになれたら…」と志すに至り、大学卒業後、専門学校に入学しました。

施術をする上で絶対に譲れないもの、これだけは大事にしているというものがあれば教えて下さい

患者さまに「笑顔で人生を歩んでいけるお手伝いをする」という意識です。自分が肩こり・頭痛で悩んでいた頃を思い出すと、体の不調のせいで楽しいはずの部活動や友達とのお出かけも満喫できず、頭痛の予感に怯える日々…あまりにも勿体ない過ごし方でした!! 患者さまがお身体の不調によりできないでいること、諦めていることが一つでもできるようになり、より笑顔の多い人生を送って頂ける手助けになれるよう、今に甘んじることなく、知識と技術を磨く努力を重ねたいと考えております。

宮木 (2020年4月をもって退職いたしました)

院長 西尾 正範

院長 西尾 正範

役職・肩書き
院長
資格
柔道整復師 鍼灸師
出身地
朝霞
趣味・ハマっていること
海外ドラマを観ること、家族でドライブ、施術法の研究

この仕事を始められる前までの生い立ちを教えて下さい。

子どもの頃は、ぽっちゃりでした。

小学3年生くらいまでは、学年で一番くらいのぽっちゃり具合でした。お菓子、ジュースが大好物でした。

その後、引越しにともない通学の距離が長くなったため運動量が増えたのと、身長が毎年10センチとぐんぐん伸び、小学6年の頃には、今のような体型になりました。その頃はサッカーが大好きで中学ではサッカー部に入りました。

ポジションはキーパーでした。今でもサッカーを観るのは好きです。

夢のまた夢ですが、浦和レッズに入るのが夢でした。

委員会活動では先生から委員長を任されたり、意外と優等生でした(笑)高校ではサッカー部ではなく、ラグビー部に入りました。

ポジションはロックでした。練習がキツく、1年目からいつ辞めようか考えていました。

特にキツかったのは、4泊5日の合宿です。夏休みになると2回もあります。1年のときは、あまりの辛さにズル休みもしてしまいました。

逃げ出したことは、今でも後悔しています。3年間、仲間がいたおかげで最後までやり抜きました。その頃に培った精神力や体力は、今でも役に立っています。

なぜ人を施術するという仕事を選んだのですか?

高校のラグビー部の3年、最後の大会の直前で足をケガしてしまいました。

ひどい捻挫で、足をつくだけでも痛く、松葉杖で歩くのがやっとでした。

それが、1ヶ月前に最後の大会を控えたときでした。もう、試合には間に合わないだろうと思っていました。

ですが、近所の接骨院に通い治療を受け、何とか最後の大会に出場できるようになりました。

このときに、もう試合に出ることは諦めていましたが、接骨院の先生のおかげで回復したことに感動し、この先生のようになれたらと思ったのが、この道を志したきっかけです。

その後、接骨院で10年以上下積みをしました。だんだんと治療技術も上達し、多くの患者さんに喜んでいただけるようになり、自信もついてきていました。

その頃から、根本的な治療、健康を自分の治療技術で実現できているか?という疑問を持ち始めました。

そして、さまざまな良いと言われる治療を探し、ようやく辿り着いたのが今用いている疲労回復整体とパーフェクト整体と鍼治療です。

施術をする上で絶対に譲れないもの、これだけは大事にしているというものがあれば教えて下さい

『丁寧』と『安心』です。

施術、カウンセリングにおいては、常に丁寧にを心がけています。

カウンセリング中はどんなふうに痛みや辛さ、お悩みがあるのかを丁寧に具体的にお聞きし、今までの経過や状態を把握できるように行っています。

施術では、触り方や押し方などで痛みや不快感が無いように丁寧に行います。

お電話、来院されてからの段階から、極力安心していただけるよう配慮しています。言葉遣い、気配り、院内環境によって、お客さまに安心を与えられるようにしています。

この2つが、より施術効果を高めることになるので、絶対に譲れません。

他の治療院と比較したり、来院を迷われてる方が目の前にいたらどういうメッセージを送りますか。

接骨院、整骨院、整体院、鍼灸院、カイロ、マッサージ、指圧、いろいろありますが、自分の症状や辛さを解決してくれるのはどこなのか、迷いますよね?

当院では、症状に対して施術をすることはもちろんですが、もっと広い視点で見て、あなたが困っていることを解決したり、よりよい快適な生活を送れるようにサポートしたいと思っています。

そのために、丁寧にお話をお聞きしたり、納得して施術を受けていただけるような説明をしたり、あらゆる手段やアイディアをもって精一杯あなたの問題が解決するように臨みます。

あなた自身の体を本当に大事に思う方はぜひ、当院にお越しください。全力でお答えいたします。

朝霞のちいさな鍼灸整骨院

\あなたの悩みに全力でお答えします!すぐお電話を!/

0120-769775

0120-769775
24時間ネット予約はこちら
受付時間
※通常営業中 9:00~20:30
定休日
水曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00 ×