痛いところを揉まなくても良くなるケース

当院の整体の特徴は2つあります。ひとつは超ソフト整体であること。もう一つは原因を的確に探し出す検査に力を入れている点です。むしろこの検査を大事にしていることこそが、根本改善ができる理由です。今回、その一例をご紹介します。

右の股関節の痛みを訴える方です。マッサージを受けたり、自身で股関節のストレッチを毎日やっていても毎日痛いという方です。仕事中だと痛みますが、整体を受けに来て検査などをしたときには股関節の痛みはありません。検査がしっかりできなければこういった、その場で痛みが出てないケースは最適な整体ができません。

この方への当院での整体の流れです。まず股関節の動きをチェックしました。動きは問題なく、痛みもないです。多少、関節付近の硬さがあります。次に独自の検査で全身の伸縮性を見ます。症状のある右よりも左の伸縮性が低下していました。左側のどこで伸縮性が低下しているのかをさらに細かく見ます。すると、左の仙腸関節で伸縮性が著しく低下しています。

ここからさらに根本原因を探ります。左の仙腸関節の動きの悪さ(伸縮性低下)の元になるところを特殊な方法で探します。仙腸関節付近だけでなく全身から探します。今回は近接の大腿筋膜張筋にその原因を探し当てました。仮説として右の大腿筋膜張筋が硬くなり(なぜ硬くなったかは使い方や筋バランスなのでさらにヒアリングや検査をします。)、左腸骨が引っ張られ仙腸関節の動きを悪くしていて、それをかばう形で右の股関節に負担が出ていると考えました。

大腿筋膜張筋を緩め、後日の様子をうかがうと右股関節の痛みが出なかったとのことです。このようにどこからその症状の原因が来ているのかを探し出すことが根本改善には必須です。根本から良くしたい方はぜひ当院の整体を受けてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝霞のちいさな整骨院

\あなたの悩みに全力でお答えします!すぐお電話を!/

0120-769775

0120-769775
24時間ネット予約はこちら
受付時間
平日10:30~19:30土日祝9:30~18:30
定休日
水曜日
営業時間 土日祝
10:30〜20:00 ×
(9:30〜19:00)